yanstyle-Suite

続・グダグダ雑記帳

YANどれいぶ&旅+探索

山中の寝釈迦様アフター・滝と袈裟かけ橋。

ダムのお次は。 着 こちらです 駐車場から ちょっと上がると隧道からの ぬお いきなりはしです 合間に 滝です そして 渡った先にこれ。ここもふれあいの道なのか! 基本橋を渡って滝を眺めて戻ってくるパターンですが 道自体はあったので山装備してそれなり…

山中の寝釈迦様アフター・草木ダム篇

神戸駅満喫。 お次はダムーだよ! これ もですよ脇はたまーに通りますがダム上走れるって知りませんでした。 そのまま 下に来ましたわよ ダムってさあ いつ見てもなんともいえない迫力があるですよ。 下も下で中々 横からもダバダバジャ~ 満足 はい次いって…

山中の寝釈迦様アフター・神戸駅後篇

列車レストラン満喫。 では駅舎の外へ すると 外には現役のなにか。 何か運ぶ系なんだろうけど列車スキー程度にはなんだか解りません。 これも気になるがどう使うものなんだろう。 これはこれでいいんですが 奥の方にあったコレが一番気になった(笑) では 次…

山中の寝釈迦様アフター・列車食堂篇

では潜入開始 ! これこれ! また この雰囲気もいいではないですか。 こういう感じですか 正確には列車レストランだ! in ノー密です。 昭和ディティール最高 車窓から。 こういうのでいいんですのお手本。落ち着くわ えあこん? いい で お蕎麦頂いたんです…

山中の寝釈迦様の捌

本日の 峠は超えました。 よって来た道を戻ります、もう少し進むと賽の河原なる所に 辿り着くようですが今回は寝釈迦様が目的、奇石以外の他のポイントや 山頂等はいきませんハイ。 な もので淡々と戻るのみ。 特に何もなく到着。 で そういえば近くにステキ…

山中の寝釈迦様の弐

では本物に向けて出発 が なぜかダム?にいるんだぜ(笑) 厳密には取水堰ってやつか、詳しくはないので。 綺麗 まあ見事に曲がる所通り過ぎてUターンにいい感じの脇道に入ったら 着っただけなんですけど(笑) さて 戻りますか。 寝釈迦様は近遠いねでつづく。

新・軍艦島とユーカリが丘線.9

いい感じにこあら号は通り過ぎていきました。 そのまま歩いて一周完了。 結局買い忘れたやつ。 駅前にステキ神社があったので参拝 いい リフレッシュ からの 下からも。 変わった形状である。 きた だからってゆう(笑) まあそうそう下から見る機会もないし…

新・軍艦島とユーカリが丘線.8

では外周歩き開始 出て すぐ隣が車両基地、ユーカリ君のタイヤが。 そうこやつ鉄車輪じゃなくてタイヤ駆動なのです。 THE整備場って感じ お 車両もある。 今日はお休みなのかな。 外周に揃って歩き 丁度撮影に良さそうなとこ発見 おお 遥か遠くにいるね、待…

新・軍艦島とユーカリが丘線.7

ではまた乗ります ハイ すぐ降りる(笑) さて ここからは 脱出して 歩くとです。 外から見たい! という事で外周歩きますでつづく。

新・軍艦島とユーカリが丘線.6

ではまた発進! 途中 車両基地発見! 一旦 おりる ここが 気になったのよ! 気になる気になる こ、こいつ この Y字の部分が(たしか)可動するのよ! んで 下も見に行ってみる からの また乗るわよ! でつづく。

新・軍艦島とユーカリが丘線.5

では乗りましょう、こあら2号に! れいぼう? なんてないぞ! 窓全開でGo! 久しぶりと思ったのに これが令和2年の常識になるとは・・・ おお さっき上から見た景色や、運転席シンプル に うちわもあったよ!(当時) どっちも有り難くご使用。 そして 一旦ス…

新・軍艦島とユーカリが丘線.4

ではユーカリさんですよ! なんか グッとくるようなこないようなアイテム群。 なにか買おうとしたが後回しにして忘れたのは内緒だ(笑) おお いた ま ようするに乗り遅れたんですが。 ま そんな事は気にしちゃいかんのですよ! うん ほぼ誰もいねえ なんか…

新・軍艦島とユーカリが丘線.3

それでは新軍艦島を後にして。 途中 移動間でお昼タイム。 夏の辛つけめんうまし! なによりオーナーと外国スタッフな方の阿吽の呼吸が素敵 だったと記憶しております。 そして次の現場へ 海沿いから離れまするぞ そもそも新軍艦島は偶然移動中に見つけただ…

新・軍艦島とユーカリが丘線.2

では新軍艦島外観観察。 うん。 画像だとナイスな感じにおさまらねえ(涙 よりすぎてもうーん 引いたら小さすぎ(笑) ま手持ちのカメラじゃ無理だ、実際に見るとスゲー 軍艦島感があってすごいのよ! 機会があったら是非生で見た方がいい物件よ それにして…

新・軍艦島とユーカリが丘線.1

山仲間でデルソル登山部部員でもあるもぎさんから ユーカリが丘線乗ったんすよ! 面白かったんですよとメールが。 ・・・はてさてゆーかりゆーかり。 嗚呼、去年の今ぐらいに乗ってきたヤツやんと(笑) 全くもって記憶の彼方で存在すら忘れていたという(失…

八百津町へ行ってみたいの.No12 各務原航空宇宙博物館

つづきです 次 併設展示の宇宙ゾーンへ。 むむこれは きぼうの実物大模型! 中も見れるよ これは凄くお金かかってそうなのにイマイチ(笑) 謎の乗り物アトラクションもやったけどアレもアレでした。 でも トータルでとても楽しい所よ! スッゲー遠いし訪問…

八百津町へ行ってみたいの.No11 各務原航空宇宙博物館

次フロアへ ! うおお、これまたてんこ盛りで上がる! なんかスゲえ このフロアはどちらかというと近年の実験機、研究機、練習機が 多いみたいだ。 迫力ある スケスケ こういう深海魚いたよね なんかいい リアルなんだけどおもちゃぽく見える瞬間もある エン…

八百津町へ行ってみたいの.No10 各務原航空宇宙博物館

では潜入 うお なんか解らんけど入口付近からテンション上がる! 飛行機だけに空中展示とボーっと見てると見逃すぜ! フレームにエンジンいい・・・ 次のゾーンへ ! こ、これは 飛燕実機! ちょっといやかなり凄くないすかコレ 見上げると零戦試作機実寸大…

八百津町へ行ってみたいの.No9 各務原航空宇宙博物館

名鉄満足から次 さらに帰る方向からどんどん遠のく(笑) ついた ここ、ここ! おお 建物に入る前からステキやん! 本物の迫力凄い ま 飛行機も好きだがマニアではないのでどれがなんだかわからん ですけどね という事で入る前から楽しいここはかかみがはら…

八百津町へ行ってみたいの.No8 名鉄資料館編

次行ってみよう で たどり着いたのがここ。すでに八百津町外(笑) 名鉄の資料館です、ワタクシは電車スキー程度ですが。 それでも中々楽しめます、ちな本当は予約しないと駄目らしい。 が知らないで来て交渉してみたらこの時は大丈夫でした。 眺めてるだけ…

八百津町へ行ってみたいの.No7 発電所次篇

次いってみよう お昼 八百津のメイン道沿いで発見 小奇麗な店内で蕎麦定うまし お次は近くのダム等見学 たしか旧発電所の水はこの辺から取り入れてる。 んだったかな・・・ どちらにせよ凄い技術だ よくこんなん出来るよねえ、設計も設置も。 ダムの前のちょ…

八百津町へ行ってみたいの.No6 旧八百津発電所篇

発電所堪能中。 いやー実に至福の時間であった。 はたしてこのご時世で今後修繕修復して再開してくれるのか。 もし 再開するなら人生でもう一度位は訪問してみたいものである。 では 外観も楽しもうではありませんか。 実に景色とマッチしております。 いい…

八百津町へ行ってみたいの.No5 旧八百津発電所篇

カタパラ中 あーこれワイヤークレーンでつりつりしたりもするのか 昭和14年! すごいなあ 二階から 使っちゃいけないやーつ 実に良い所だ。 つづく。

八百津町へ行ってみたいの.No4 旧八百津発電所篇

発電所内見学中。 機械もステキなんですけど それらを覆っている建物自体もお洒落なのよ粋。 よってこの空間自体の空気感がとてもよい。 ツブツブしてますなあ うう ダンゴムシの裏みたい(笑) いやすげえな 問答無用でステキ カタツムリパラダイス! つづ…

八百津町へ行ってみたいの.No3 旧八百津発電所篇

では内部潜入! おお 何コレ(笑) 見るのは好きだけど詳しくはないのです。 これがどういう物かより造形美を追求派です。美しいでしょ? それにですね、そういうの詳しく語ってる所は幾らでもあるし 例えば赴くキッカケになったもぎさんの がワタクシなんか…

八百津町へ行ってみたいの.No2

マッタリ散策&移動 全く知らない土地は景色眺めてるだけで楽しい。 オサレ そして 大分端折ったけど着! すげえいい感じじゃないの! ちな みに廃墟ではない。 ちゃんと見学できる所なのです(訪問時 ここは 重要文化財旧八百津発電所である! なんと この…

八百津町へ行ってみたいの.No1

またも18年シリーズから発掘 どうもこの年は色々記録にやる気がなかったと伺える。 ここは どこかの有料隧道前。 たしか 年末初雪見学。そりゃ寒いワケだ。 初の八百津行きは突発発動だったので色々たいへん。 移動も深夜からの突貫ドライブ とにかく遠いの…

デルソルもてぎOFF2019からのノジュキャン部明けの山行.6

ほぼ着。 さっき見えた橋。 振り向いてちょっと行くと ほら 例のコレ(涙) 矢印右・東登口方面て書いといて頂けるとありがたや。 だってそっちのが鬼近いじゃん! ま思ったよりは山歩けたのでよしとする。 して思ったより居残り組多し。 :おまけ の後は道…

迦葉山弥勒寺回想編・初回の拾壱

迦葉山脱出 で 近くの川場村界隈へ おんせん! やすい!(当時) こんなプランもあった。 これが 昔ながらの風情がある感じで自分は好きな方だが人は選びそうな とこであったがそれより衝撃的だったのが中に文庫本持ち込んでいた 人がいたのがマヂビックリ …

迦葉山弥勒寺回想編・初回の拾

さて戻りましょう ま、足痛以外は特にイベントもなく 戻り和尚台 淡々ともどります ほぼおわり ブレブレ笑 はいおつかれー まあ思ったより歩いたみたい。 そして お天狗様ファーストになるわけだ。 後はちょっとだけおまけ編へつづく。